表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
バックナンバー
02年2月「のんびり」
02年1月「重ねる・重なる」
01年12月「畑」
01年11月「包む」   
01年10月「指
01年9月「ヒント
01年8月「膨らむ」
01年7月「キープ」
01年6月「眩しい」
01年5月「縛る」
31年4月「ぎくしゃく」
31年3月「しつこい」
31年2月「話」
31年1月「粘る」
30年12月「締まる・締める」
30年11月「パワハラ」
30年10月「吹く」
30年9月「覗く」
30年8月「夏休み」
30年7月「試合」
30年6月「響」
30年5月「五分五分」
30年4月「夢」
30年3月「荒れる」
30年2月「飛行機」
30年1月「名人」
29年12月「まじめ」
29年11月「みかん」
29年10月「読む」
29年9月「豆腐」
29年8月「壁」
29年7月「焼く・焼ける」
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

23年12月「強い」
23年11月「盗む」

23年10月「風」
23年9月「酒」
23年8月「電気」

23年7月「薄い」
23年6月「道」
23年5月「干す」
23年4月「欲」
23年3月「祈る」
23年2月「敵」
23年1月「どきどき」

22年12月「不便」
22年11月「探す」
22年10月「うんざり」
22年9月「帽子」
22年8月「切る」
22年7月「苦手」
22年6月「ガラクタ」
22年5月「弱い」
22年4月「桜 」
22年3月「待つ 」

22年2月「丁寧 」
22年1月「限界 」
 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「応募 322句 163人





































 


石橋芳山 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句 
 
    コンビニのおでんの横の春の色 尾崎良仁
    菜の花が揺れるわたしの春ららら 恭子
    いつもより時間をかけて描く春画 雪上牡丹餅
    鈍行で春を拾って歩く旅 真田義子
   *ジャンプして届くあたりに春を呼ぶ 橋田しゅう穂
    丸まった猫背が徐々に戻る春 荘子 隆
   *一目惚れだった入学式だった 加藤当白
    パステルの服を選んで春をよぶ ミント
   *立ち話春の日差しがつくるシミ 小谷小雪
    朝昼晩測る土筆の伸び具合 安藤なみ
    握力の低下に気付く春の庭 たごまる子
   *散歩道春をポッケに摘んでくる 福多郎
   *みいちゃんを待たすことなく春が来る 圦山 繁
   *堂々と野良猫春の声で鳴く 小出順子
    春の来る足音弾む三拍子 右田俊郎
   *菜の花の海で迷子になっている 平井美智子
    春を待つ感情線がほころびる 渡辺勇三
    やわらかな地面は春の予告編 岡本  恵
    春の恋神の死角で化粧する 葱坊主
    返信にハートマークを付けて春 宮本信吉
    春ですよ噂がドアをノックする 山口悦子
    春一番人事の話てんこ盛り 木村行吉
    エプロンもマスクも春柄に替える 小谷小雪
    布団から手足がちょっと生える春 山崎三毛
    何をして遊ぼう長い春休み 狩野順史
    怒りすら春はピンクに染めてゆく 汐海 岬
    タンポポの綿毛に乗って旅に出る 森元恵美子
    春の顔していれば争いは無い 柳谷益弘
    春を待つベースアップのファンファーレ 宮尾柳泉
    寒がりもサラダ食べたくなって春 竹内美千代
    春の茣蓙まで古希喜寿傘寿ご案内 東川和子
    神さまがゴホンと言って春一番 柳谷益弘
    輪郭が薄らいでいく春の海 まりえ
    ケンケンパ春はジャンプが得意です 青砥和子
   *中止とは知らずに咲いている桜 吉崎柳歩
     ドラキュラも血よりキッスがしたい春 みちを
秀3    わたしにもっとギガをください春だから こみち
秀2   抵当に入って春が出せません 田地尚子
秀1 *軽トラで春がいっぱいやってきた 東川和子

評       軽トラと言えば農作業で必要なもので、その軽トラは泥で汚れていたりどこかが
       凹んでいたりしている。その荷台には、収穫していた春野菜が山になって積んであ
       るの だ。 お疲れさん。
      春はやさしく何度も俺を狂わせる               海賊芳山  

 

 









































 

橋倉久美子 選(入選39句)
 

   *みいちゃんを待たすことなく春が来る 圦山 繁
    まだ春は行ったり来たり落ち着かず 浩子
    桜前線追う旅を練る頃なのに 大島ともこ
   *菜の花の海で迷子になっている 平井美智子
   *中止とは知らずに咲いている桜 吉崎柳歩
    新しいことはなくても春四月 岡本  恵
    ワイドショー花見のゴミを撮りに行く 前原こきん
    展示会春には春の山野草 武良銀茶
    淋しくて花鉢ばかり増えて春 笹田しま
    春がきた喜び奪う温暖化 寺井一也
    春なんか忘れてました温暖化 佐藤千四
    もう少し寝ていいですか春だから 麦乃
   *堂々と野良猫春の声で鳴く 小出順子
    天麩羅で春を知らせるふきのとう 正能照也
    あっちこち春の陽気に蒲団咲く BBブンゴ
    いい出会いあるよう下ろす春の靴 石森あやみ
    春が来る前に花粉がやって来る 西山竹里
   *立ち話春の日差しがつくるシミ 小谷小雪
   *ジャンプして届くあたりに春を呼ぶ 橋田しゅう穂
    お花見もキャンセルコロナには勝てぬ 裕子
    春場所はコロナが座る砂かぶり 兎亀
    春一番洗濯ものが逆上がり 正能照也
   *軽トラで春がいっぱいやってきた 東川和子
    登校はスキップ春は春らしく 森山文基
    みーつけた自転車止めて摘むつくし 裕子
    道端に春を見つけたウオーキング 竹内妙子
   *散歩道春をポッケに摘んでくる 福多郎
    はるうらら軍手が急かす草むしり わこう
   *一目惚れだった入学式だった 加藤当白
    十八の春とは違う古稀の春 吉崎柳歩
    それぞれの春へ飛び交う中古品 たごまる子
    秋ほどに観てはもらえぬ春の月 堀 敏雄
    入学式マスクに似合うスーツ買う 稲垣康江
    浮き立たぬ春にさくらも遠慮がち 澁谷さくら
    地中から春はまだかと草が聞く 山田明
    衣装替えさせられ春を知る案山子 福村まこと
秀3  だとしても桜開花を手抜きせず 伊田網人
秀2  こっそりとマスクをはずし春を吸う すずき善作
秀1  フリースは脱げてもマスク取れぬ春 竹中正幸
評      例年と違う春に直面している今、「春」をどう読むかは悩ましいところ。秀句
      3句は、その辺りをうまく消化していると感じた。

   ウイルスに春が翻弄されている                  橋倉久美子
 

               
 
 

 

どなたでも投句できます(一人2句まで)
警告
名前を変えて3句以上投句された方は全句無効にします

今月のお題 「痛い
石橋芳山・橋倉久美子 共選
選者には作者名は伏せてあります(順不同)

締切り:令和2年4月15日
                午後8時厳守(以後無効)
発  表:令和2年4月20日 

川柳では「分かち書き」はしません
意図的に「切れ」を入れる場合は別ですが、川柳では17音を「空き」を入れずに表記します。
投句される場合も5・7・5毎に空白を入れず、下記のように詰めて書いて下さい。

<分かち書き>  恋人の 膝は檸檬の まるさかな 
<正しい表記>    恋人の膝は檸檬のまるさかな
   
 

                                        ネット句会に投句され、ご希望の方には「川柳すずか」見本誌を差し上げます。
                     ホームページの
「ご意見、ご感想」欄から、ご住所記載のうえ、『見本誌希望』
                    と記入の上、お申し込みください。
                    最新号が切れている場合は少しお待ちいただくことがあります。
     

 


こちらから投句してください。(一人2句まで有効)

 

 
一句 :
二句 :

雅名を入力してください

雅名・HN可(必須)
電子メールアドレス(必須)