表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
バックナンバー
29年7月「焼く・焼ける」
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

23年12月「強い」
23年11月「盗む」

23年10月「風」
23年9月「酒」
23年8月「電気」

23年7月「薄い」
23年6月「道」
23年5月「干す」
23年4月「欲」
23年3月「祈る」
23年2月「敵」
23年1月「どきどき」

22年12月「不便」
22年11月「探す」
22年10月「うんざり」
22年9月「帽子」
22年8月「切る」
22年7月「苦手」
22年6月「ガラクタ」
22年5月「弱い」
22年4月「桜 」
22年3月「待つ 」

22年2月「丁寧 」
22年1月「限界 」
 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「壁」応募 331句 166人





































 


森山文切 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句

                     お隣はアニメ好きです薄い壁                     らむ
                     壁だけで脱げるものです露天風呂              竹内美千代
                     やわらかな白さを守るパンの耳                  むらさか
                     廃屋の壁で蔦葛が歌う                             うちだあつこ
                     壁伝いに行くと忍者だとばれる                   西山竹里
                     ポスターの視線気になる駅の壁                  白鳥象堂
                     壁に貼るできることからやればいい             東川和子
                     乗り越えた壁の向こうにある氷河                猫じゃらし
                 *落書きは消せばいいさと笑う壁                   十六夜
                    丁度いい壁に隠れている忍者                     田岡修二
                    壁ドンに縁がなかった壁の花                      まりえ
                    やわらかい壁に抱かれる里帰り                  光畑勝弘
                    入院をすると毎日白い壁                            坪ようこ
                    母さんが壁になるのをやめません                青砥和子
                    壁のない生活避難所の軋み                       安藤なみ
                    落書きの壁が時代を語りだす                     つれづれ
                 *ヒーローの生い立ち語る壁の跡                  やひろ
                    百歳の壁にためらい傷がある                     亜紀
                    病室の花柄にしてほしい壁                         裕子
                    絆創膏だらけの壁であたたかい                  平井美智子
                    壁に挟まれた約束してしまう                       坪井篤子
                    透明な壁の前また化けてみる                     小谷小雪
                    壁ひとつ隣りはどうも人らしい                     佐藤千四
                    越えられぬ壁は背負ってしまえばいい          まみどり
                 *くすぐってやると案外脆い壁                       吉崎柳歩
                 *丸窓でちょっとお洒落になった壁                 笹田しま
                 *主役決まれば壁紙はすぐ決まる                 東川和子
                 *人生の壁に画鋲の跡だらけ                       二谷悟司
                    固い壁釘までへそを曲げている                  山口悦子
                    腰掛けるつもりで壁によじ登る                    藤井智史
                    目の前の頑固な壁を笑わせる                    うちだあつこ
                    壁のしみドキドキさせた数かしら                  稲垣康江
                    高さゼロでも一番高い壁                            森下博史
                 *落書きをされた辺りが痒い壁                     橋倉久美子
                 *ニッポンの壁に挑んでいるヒアリ                 丸山 進
                 *垂直な方が安心できる壁                          西山竹里
            秀3   謎めいた言葉が壁に書いてある                 真田義子
            秀2*つっ立っていると壁だと思われる                 まみどり
            秀1   見えぬ壁見えぬハシゴで乗り越える             船岡五郎
      評    見えない壁に見えないハシゴで対抗するという。壁の存在を認知できてい
                  るなら見えるハシゴでも越えられる気もするが、そんな無粋なツッコミをして
        はいけない。
 
             *近付いてみたら意外に高い壁                    森山文切
            

 









































 


橋倉久美子 選(入選3
9句)

     
                壁際で寝返り打ったのはジュリー                 高田まさじ
                    勉強の計画壁に夏休み                             坪ようこ
                 *ニッポンの壁に挑んでいるヒアリ                  丸山 進
                    一強の壁忖度で塗り固め                           よしひさ
                    壁に耳共謀罪へスタンバイ                         竹中正幸
                    厚い壁すんなり超える15歳                        渋谷重利
                    壁紙を雪山にして少しエコ                           青砥たかこ
                    団欒も修羅場もじっと見てる壁                     圦山 繁
                    たいていの壁は聞いてるひとり言                  awaji
                    子の宇宙パーテーションで出来上がる           笹田しま
                    越えられる壁を選んで生きている                 武良銀茶
                 *垂直な方が安心できる壁                            西山竹里
                    壁ドンをしたら傾きそうな家                         こみち
                    本堂の壁はボールのお友だち                     佐藤千四
                 *ヒーローの生い立ち語る壁の跡                   やひろ
                 *人生の壁に画鋲の跡だらけ                        二谷悟司
                    父さんの壁だんだんともろくなり                   田村ひろ子
                 *つっ立っていると壁だと思われる                  まみどり
                    化粧して心に厚い壁作る                            岡野 満
                    忍者にはなれそう壁を這うゴーヤ                 柴田比呂志
                    落書きが名画のように威張る壁                   木村行吉
                 *近付いてみたら意外に高い壁                      森山文切
                    ビルの壁落ちはせぬかと空を見る                丹下凱夫
                    越えられることを望んでいる壁だ                  森山文切
                    新しい私へ壁紙を替える                            石森あやみ
                    新しい恋新しい壁紙で                                桐壺
                    建て増しのいたるところにできた壁               辻内次根
                 *丸窓でちょっとお洒落になった壁                  笹田しま
                    小児科にアンパンマンの壁がある                高田まさじ
                    壁の穴隠すゴッホの複製画                         甲斐良一
                    壁ぎわの席がいいかな独りめし                    ポルテーニョ
                    また一基監視カメラを増やす壁                     ころのすけ
                    生け花と一緒に写る白い壁                         徳重美恵子
                    告白をしてから出来た厚い壁                       佐伯たみこ
                *主役決まれば壁紙はすぐ決まる                    東川和子
                   ビギナーズラックの後の高い壁                     吉崎柳歩
          秀3  外壁を見て塗り替えを売りにくる                    北田のりこ
          秀2*くすぐってやると案外脆い壁                          吉崎柳歩
          秀1*落書きは消せばいいさと笑う壁                     十六夜
     評    落書きの句は予想通り何句かあったが、最も大らかな壁に惹かれた。
               こんな壁に落書きするのは、さぞ楽しいだろう。

             *落書きをされた辺りが痒い壁                        橋倉久美子
 

               
 
 

 

どなたでも投句できます(一人2句まで)

今月のお題 「豆腐
森山文切・橋倉久美子 共選
選者には作者名は伏せてあります(順不同)

締切り:平成29年9月15日
                午後8時厳守(以後無効)
発  表:平成29年9月20日 

川柳では「分かち書き」はしません
意図的に「切れ」を入れる場合は別ですが、川柳では17音を「空き」を入れずに表記します。
投句される場合も5・7・5毎に空白を入れず、下記のように詰めて書いて下さい。

<分かち書き>  恋人の 膝は檸檬の まるさかな 
<正しい表記>    恋人の膝は檸檬のまるさかな
   
 

                                        ネット句会に投句され、ご希望の方には「川柳すずか」見本誌を差し上げます。
                     ホームページの
「ご意見、ご感想」欄から、ご住所記載のうえ、『見本誌希望』
                    と記入の上、お申し込みください。
                    最新号が切れている場合は少しお待ちいただくことがあります。
     

 


こちらから投句してください。(一人2句まで有効)

 

 
一句 :
二句 :

雅名を入力してください

雅名・HN可(必須)
電子メール アドレス