表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
     
バックナンバー
04年8月「買い物」
04年7月「あっさり」
04年6月「関係」
04年5月「毒」
04年4月「瞬間」
04年3月「避ける」
04年2月「デビュー」
04年1月「失敗」
03年12月「底」
03年11月「二刀流」
03年10月「とんぼ」
03年9月「気の毒」
03年8月「透明」
03年7月「魔」
03年6月「弱い」
03年5月「オフ」
03年4月「動く」
03年3月「学校」
03年2月「ゼリー」

03年1月「許す」
02年12月「波」
02年11月「齧る」

02年10月「乱」
02年9月「米(こめ)」
02年8月「カード」
02年7月「拾う」

02年6月「写真」
02年5月「休む」

02年4月「痛い」
02年3月「春」
02年2月「のんびり」
02年1月「重なる」
01年12月「畑」
01年11月「包む」   
01年10月「指
01年9月「ヒント
01年8月「膨らむ」
01年7月「キープ」
01年6月「眩しい」
01年5月「縛る」
31年4月「ぎくしゃく」
31年3月「しつこい」
31年2月「話」
31年1月「粘る」
30年12月「締まる」
30年11月「パワハラ」
30年10月「吹く」
30年9月「覗く」
30年8月「夏休み」
30年7月「試合」
30年6月「響」
30年5月「五分五分」
30年4月「夢」
30年3月「荒れる」
30年2月「飛行機」
30年1月「名人」
29年12月「まじめ」
29年11月「みかん」
29年10月「読む」
29年9月「豆腐」
29年8月「壁」
29年7月「焼く・焼ける」
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「点火」応募2751 41人
 




































 

加藤当白 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句 
 
    冗談が頑固頭に火をつける 大澤 葵
    凶弾がカルト問題再点火 原 洋一
    火がつかぬままに終わっていく選挙 橋倉久美子
    蝋燭を灯し亡夫へ良い知らせ 大澤 葵
   *点火するオール電化の冷たい火 よーこ
    固唾呑むカウントゼロの発射台 野平 光太郎
    点火するスイッチ握る独裁者 福多郎
    火が着いてホッとしている聖火台 甲斐良一
    失敗を許してくれぬ聖火台 小林祥司
    国民の怒りにわざと火を点ける 石川柳寿
    点火した怒りかき消す酒二杯 汐海 岬
   *落ち込んだ夜はお酒で火を点す 新家完司
    点火せぬように会話も及び腰 荘子 隆
    チチチチッと昭和の音のガスコンロ 浩子
   *幸運なヒットが点火した打線 吉崎柳歩
    優しさが僕の心に火を点けた 横山閲治郎
    せっかちに欲しい長めの導火線 隼人
   *定年後点火予定の導火線 古都
   *一本のマッチが秘めている狂気 橋倉久美子
    荼毘にふす点火ボタンに無常観 満月庵
    挑発に乗って発火の自己嫌悪 石森あやみ
    封を切るそれから点火までの距離 柴田比呂志
      *晩学へ点火したのは好奇心 吉崎柳歩
    点火したらしいぱらぱら彼岸花 ムギ
    粥三匙母の命を点火する 平井美智子
   *線香に火をつけ静かなる対話 澁谷さくら
    炎上に油を注ぐ捨て科白 信天翁
    点火したのはあなた 勝手に消すなんて 青砥たかこ
    大花火あなたのハートにも点火 伶音
   *火を点けたまま置き去りにしないでよ 大島 ともこ
    まだ生きる二段ロケット点火せよ 石川柳寿
    点火まで持ちこたえたいマッチ棒 西山竹里
    火をつけたねずみ花火が追ってくる ちゃこ
   *匿名という長い柄の点火棒 冬子
    火おこしの人知が脅威となる今 満月庵
    発火点だったのですね手をつなぐ まみどり
秀3*点火するまでは隠れている花火 西岡ゆかり
秀2  草臥れた二の矢に点火する蛍 葱坊主
秀1  始まりに大きな意思はない点火 カラリ

評      生まれたばかりの火は、のちにどれほど大きくなるのかはわかっていない。だがそこ
   に燃えるものがある限り際限を知らずに炎上していく。一世を風靡する天才とて同じこと。

軸  *自己犠牲マッチに課せられた使命           加藤当白
 

 








































 

青砥たかこ選(入選39句)
 

    仏壇の定位置にあるマッチ箱 岡本恵
    捜査気になる札幌の点火台 森清泰範
    湿ってる君に点火を繰り返す こみち
    点火したところは誰も見ぬ花火 糀谷和郎
   *幸運なヒットが点火した打線 吉崎柳歩
    火中の栗なんて食べないヒクイドリ 雪上牡丹餅
    怪談話は蝋燭に火をつけてから 春日綾乃
    何気ないその一言が火の種に ちゃこ
   *落ち込んだ夜はお酒で火を点す 新家完司
    主夫ですがコンロに点火禁じられ 前川奬
    一喝がやる気にさせた起爆剤 内田政竜
    君の手が胸の蛍に引火する 水谷裕子
   *点火するまでは隠れている花火 西岡ゆかり
    すぐ点火する 脂っ気抜けた恋 八木五十八
    節ガスに点火ができず冷茶漬け せきぼー
    ライバルを褒めて負けん気点火させ 竹中正幸
    自動化でマッチ絶滅危惧種入り 船岡五郎
    言うまいぞきっと喧嘩になるセリフ 春日綾乃
    火を点けたこと抜け落ちて長電話 こやまひろこ
    いま点火ぎっくり腰が炸裂す 古都
    この歳になるとなかなか火がつかず こみち
    人類の夢をロケット乗せ点火 福多郎
    年明けにようやく点火受験生 山登爺
   *一本のマッチが秘めている狂気 橋倉久美子
   *自己犠牲マッチに課せられた使命 加藤 当白
   *匿名という長い柄の点火棒 冬子
   *線香に火をつけ静かなる対話 澁谷さくら
   *定年後点火予定の導火線 古都
    反省後やる気スイッチ再点火 あやちゃん
   *火を点けたまま置き去りにしないでよ 大島 ともこ
    キャンドルに点火独りの誕生日 颯爽
   *晩学へ点火したのは好奇心 吉崎柳歩
    点火した手筒花火を身に添わせ 田鎖 市子
    点火して燃え尽き今はただひとり アゲハ
    火おこしの技自動点火に笑われる 芦田敬子
    この風とよんだブームの火付け役 せきぼー
秀3  戦争が点火世界の物価高 加藤吉一
秀2*点火するオール電化の冷たい火 よーこ
秀1  土手いっぱい点火している彼岸花 安井紀代子

評     ある日突然一斉に火が付いたように咲く彼岸花。まるで誰かが点火したようだと
    言いたげなところに共鳴した。
      IHに慣れてマッチは遠ざける            青砥たかこ

 

               
 
 

 


どなたでも投句できます(一人2句まで)

今月のお題 「○○論(合計漢字3文字)
加藤当白・青砥たかこ 共選
選者には作者名は伏せてあります(順不同)

締切:令和4年10月15日
                午後8時厳守(以後無効)
  発表:令和4年10月20日 

川柳では「分かち書き」はしません
意図的に「切れ」を入れる場合は別ですが、川柳では17音を「空き」を入れずに表記します。
投句される場合も5・7・5毎に空白を入れず、下記のように詰めて書いて下さい。

<分かち書き>  恋人の 膝は檸檬の まるさかな 
<正しい表記>    恋人の膝は檸檬のまるさかな
   
 

                                        ネット句会に投句された方で、ご希望の方には「川柳すずか」見本誌を差し上げます。
                     ホームページの
「ご意見、ご感想」欄から、ご住所記載のうえ、『見本誌希望』と記入 の上
                    お申し込みください。最新号が切れている場合は少しお待ちいただくことがあります。
                                        また、
質問がある方「ご意見、ご感想」欄に書きこみください。
 


こちらから投句してください。(一人2句まで有効)

 

 
一句 :
二句 :

雅名を入力してくださいを

雅名・HN可(必須)
電子メールアドレス(必須)
   
   

   「投句する」をクリックすると「確認画面」が出ますので、確認の上「送信ボタン」をクリックしてくださいさい
                      
確認画面を右クリックして印刷しておくと便利です)