表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
バックナンバー
02年4月「休む」
02年3月「痛い」
02年3月「春」
02年2月「のんびり」
02年1月「重ねる・重なる」
01年12月「畑」
01年11月「包む」   
01年10月「指
01年9月「ヒント
01年8月「膨らむ」
01年7月「キープ」
01年6月「眩しい」
01年5月「縛る」
31年4月「ぎくしゃく」
31年3月「しつこい」
31年2月「話」
31年1月「粘る」
30年12月「締まる・締める」
30年11月「パワハラ」
30年10月「吹く」
30年9月「覗く」
30年8月「夏休み」
30年7月「試合」
30年6月「響」
30年5月「五分五分」
30年4月「夢」
30年3月「荒れる」
30年2月「飛行機」
30年1月「名人」
29年12月「まじめ」
29年11月「みかん」
29年10月「読む」
29年9月「豆腐」
29年8月「壁」
29年7月「焼く・焼ける」
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

23年12月「強い」
23年11月「盗む」

23年10月「風」
23年9月「酒」
23年8月「電気」

23年7月「薄い」
23年6月「道」
23年5月「干す」
23年4月「欲」
23年3月「祈る」
23年2月「敵」
23年1月「どきどき」

22年12月「不便」
22年11月「探す」
22年10月「うんざり」
22年9月「帽子」
22年8月「切る」
22年7月「苦手」
22年6月「ガラクタ」
22年5月「弱い」
22年4月「桜 」
22年3月「待つ 」

22年2月「丁寧 」
22年1月「限界 」
 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「写 真応募 322句 163人





































 


石橋芳山 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句 
 
    詐欺じゃない写真のほうがなぜか美女 麦乃
    写真写りが良すぎがっかり感が増す 松本諭二
    真実を告げてくれるなレントゲン 石森あやみ
    あなたより写真のきみのほうがいい あさふろ
    ギンギラの十代だった古写真 青砥和子
    よそゆきの顔して写真中央に 暇人
    悲しみの席でいとこと撮る写真 たごまる子
    感動がスマホに山のようにある 大木雅彦
    一瞬を蹴飛ばすように撮る写真 柴田比呂志
    ひとりでも爪先立ちで写る癖 福村まこと
    下の子になると少なくなる写真 満月庵
    肖像画写真のように描いてある 坂本加代
    冷やし中華メニュー写真のハム探す 徳重美恵子
    逃れえぬ証拠の写真突きつける 右田俊郎
    不躾に狙い打ちするパパラッチ こやまひろこ
    わがベストショットは斜め三十度 ホッと射て
    集合写真どこかにいてるXサイン まさじ
    知り合いに似てる案山子とツーショット 安藤なみ
    ファインダーへ来年来てという桜 小谷小雪
    二万円かけて遺影を整える 平井美智子
   *どう見てみもインスタ映えのせぬわたし 前川奬
    結婚を控えて処分する写真 玉木りょうこ
    山頂の写真の妻は不機嫌だ 平尾定昭
   *許可証に魚拓のような顔写真 青砥和子
    春が来たお見合い写真処分する 柾木郷志
    あなたとのなかなか撮れぬツーショット 真田義子
    落書きもバンクシーなら写真撮る 加藤吉一
    暇だから君の写真に髭を描く 中川喜代子
    家族より花の写真が増えていく 玉木りょうこ
   *盛る飾る平気で嘘をつく写真 古都
    集合写真で伝わる険悪さ 森山文基
    小心を魚眼レンズに見抜かれる 小谷小雪
    モネ色の空を切り取るファインダー 笹田しま
    モノクロの荒い肌理から立つ色香 山崎三毛
    ゴキブリの写真うつりの悪い貌 原 徳利
    免許証の写真は前科12犯 まさじ
秀3  心霊写真そこにいるのは私です 雪上牡丹餅
秀2  婚約の決め手はレントゲン写真 丸山 進
秀1*騙してません写真うつりがいいのです ようこ

評       これだけハッキリ、自分を評価できる事が羨ましいです。よほど自信がある方
       なのでしょう。お会いしたいものです。
       「シャシンウソツカナイ」だから嫌いです       海賊芳山 

 

 









































 

橋倉久美子 選(入選39句)

 

    リモートの卒業写真でも笑顔 清水克俊
    文春の写真に未来狂わされ 田岡修二
   *許可証に魚拓のような顔写真 青砥和子
    スマホ閉じまぶたで写す旅景色 宮尾柳泉
    アルバムに他人のような妻の笑み よしひさ
    写真より若く見えるというお世辞 石川柳寿
    モノクロの写真一枚出て揉める よしひさ
     *盛る飾る平気で嘘をつく写真 古都
    はいチーズ皺が目立たぬように笑む 清流
    ええお顔して下さいと言われても 上田ひとみ
    カメラマン皺も本音も写しだす 平子久仁子
    北風も写すふる里冬景色 光畑勝弘
    かしこまった家族写真がなつかしい 徳重美恵子
    フイルムの残り気にして撮る写真 眞二
    免許証笑った顏は貼ってない すずき 善作
    痩せるまで全身写真お断り 石森あやみ
    *どう見てみもインスタ映えのせぬわたし 前川奬
    絵葉書のような写真とほめられる 岡本恵
    あの笑顔君がシャッター切ったから 水谷裕子
    ぼつぼつ来いよ友の遺影に誘われる 奈良朱雀
    友人の夫遺影で初対面 北田のりこ
    退治した鬼と写真を撮る園児 竹内光人
    アウトセーフ写真が裁くプロ野球 原 源次郎
    鼻の差を見逃すことはない写真 西山竹里
    差し違い行司写真に寄り切られ 荘子 隆
    末っ子に写真の手抜き責められる 山田明
    爺さんになったんだよと言う写真 新家完司
    実物とメニューの写真見比べる 圦山 繁
    カタログの写真立派に見えた品 宮本信吉
   *騙してません写真うつりがいいのです ようこ
    インスタ映え気にしていない「もんじゃ焼き」 芦田敬子
    いいカメラでなくても撮れるいい写真 加藤当白
    写真立てに夫婦喧嘩を止められる 佐藤彰宏
    断捨離へ集合写真から始め 瀬田明子
    アルバムで予習して行くクラス会 芦田敬子
    撮るときは遺影になると思わない 吉崎柳歩
秀3   元カノを記憶している写真立て 森下博史
秀2  こんな顔していたねえと見る遺影 澁谷さくら
秀1  遺影だけマスクしてない家族葬 鈴木由美子

評       大きな葬儀ならまだしも、身内だけの家族葬でさえ、葬儀会社の人はもちろん、
       家族もお坊さんもマスク。遺影だけが、口元を見せて静かにほほえんでいる。

        シュレッダーすると写真にたたられる                 橋倉久美子

  
               
 
 

 

どなたでも投句できます(一人2句まで)
警告
名前を変えて3句以上投句された方は全句無効にします

今月のお題 「拾う
石橋芳山・橋倉久美子 共選
選者には作者名は伏せてあります(順不同)

締切り:令和2年7月15日
                午後8時厳守(以後無効)
発  表:令和2年7月20日 

川柳では「分かち書き」はしません
意図的に「切れ」を入れる場合は別ですが、川柳では17音を「空き」を入れずに表記します。
投句される場合も5・7・5毎に空白を入れず、下記のように詰めて書いて下さい。

<分かち書き>  恋人の 膝は檸檬の まるさかな 
<正しい表記>    恋人の膝は檸檬のまるさかな
   
 

                                        ネット句会に投句され、ご希望の方には「川柳すずか」見本誌を差し上げます。
                     ホームページの
「ご意見、ご感想」欄から、ご住所記載のうえ、『見本誌希望』
                    と記入の上、お申し込みください。
                    最新号が切れている場合は少しお待ちいただくことがあります。
     

 


こちらから投句してください。(一人2句まで有効)

 

 
一句 :
二句 :

雅名を入力してください

雅名・HN可(必須)
電子メールアドレス(必須)