表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
バックナンバー
01年5月「縛る」
31年4月「ぎくしゃく」
31年3月「しつこい」
31年2月「話」
31年1月「粘る」
30年12月「締まる・締める」
30年11月「パワハラ」
30年10月「吹く」
30年9月「覗く」
30年8月「夏休み」
30年7月「試合」
30年6月「響」
30年5月「五分五分」
30年4月「夢」
30年3月「荒れる」
30年2月「飛行機」
30年1月「名人」
29年12月「まじめ」
29年11月「みかん」
29年10月「読む」
29年9月「豆腐」
29年8月「壁」
29年7月「焼く・焼ける」
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

23年12月「強い」
23年11月「盗む」

23年10月「風」
23年9月「酒」
23年8月「電気」

23年7月「薄い」
23年6月「道」
23年5月「干す」
23年4月「欲」
23年3月「祈る」
23年2月「敵」
23年1月「どきどき」

22年12月「不便」
22年11月「探す」
22年10月「うんざり」
22年9月「帽子」
22年8月「切る」
22年7月「苦手」
22年6月「ガラクタ」
22年5月「弱い」
22年4月「桜 」
22年3月「待つ 」

22年2月「丁寧 」
22年1月「限界 」
 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「眩しい 応募 288句 146人





































 


西山竹里 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句 
 
    昼の月眩しい顔はしていない 青砥たかこ
    悔し泣き夕日眩しいせいにする 松本諭二
    淋しくて眩しい程に磨く鍋 中川喜代子
    特選のちょっと眩しい星印 桔梗庵
    フラッシュに注意しながら見るニュース 人見五郎
    履歴書の眩しさを消す下手な文字 津島のとし君
    いぶし銀眩しく見える時がある おさ虫
    セリ値聞き我が身眩しく見るマグロ 福村まこと
   *足留めが続いた山小舎の朝日 吉崎柳歩
    花嫁の父の眩しさ照れくささ 素人
    太陽がとても眩しい退院日 裕子
   *デートして眩しく見えた時もある 佐藤彰宏
   *眩しくて皺も黒子も見えません 児玉浪枝
    マドンナが今も眩しいクラス会 瀬田明子
    拗ねる顔さえも眩しい淡い恋 圦山 繁
    眩しすぎ耐えるに辛い七光り 津島のとし君
   *忖度の後光眩しいお役人 葱坊主
   *国会答弁まともな人が眩しくて 神田央子
    皇后のほほえみ眩し振る小旗 小林祥司
    読めないが眩しいような字の名前 はぐれ雲
    先生がキラキラ見えた部活です 伊田網人
    衣替えセーラー服の白眩し 田地尚子
   *素のままの眩しさ少女気が付かず 徳重美恵子
    眩しいね文集書いた頃の夢 山口悦子
   *少年の美談眩しいニュース欄 陽香
    研修医胸に眩しい聴診器 賢石
    ピカピカの一年生というコピー 森下博史
    逆上がり出来たんだよと眩しい目 稲垣康江
   *がんばった汗が答えるインタビュー 陽香
    孫からの紙で作った金メダル 柳谷益弘
    レプリカの方が眩い仏さま おさ虫
    さくらんぼ頬張る子等の顔眩し つや姫
    八月は眩し二つのキノコ雲 光畑勝弘
    眩しいな転校生は都会の子 村上佳津代
    世話役の爺を眩しくする祭り 福村まこと
    眩しかった初めて家に来たテレビ 中川喜代子
秀3  にんげんだ眩しい金の斧が好き 田岡修二
秀2  ダイヤよりもっと眩しいのが値札 北田のりこ
秀1*眩しいと役に立たない信号機 森清泰範

評     暗い所でもハッキリ見えないといけない信号機。しかし、眩しくては役に立たない。
   言われてみればそのとおりなのだが、これには気が付かなかった。脱帽。

      眩しくはないことだってあるメダル            西山竹里   

 

 









































 

青砥たかこ 選(入選39句)
 

    雨上がりクモのレースが眩しくて ぷいこると
    モナリザの横に日傘とサングラス 安藤なみ
   *国会答弁まともな人が眩しくて 神田央子
    落ちる陽にハンドルが言う眩しいぞ  風間なごみ
    蘭鋳がファッションショーの金魚鉢 颯爽
   *少年の美談眩しいニュース欄 陽香
   *素のままの眩しさ少女気が付かず 徳重美恵子
   *眩しくて皺も黒子も見えません 児玉浪枝
    お陽さまも妻も眩しい二日酔い 新家完司
    一直線に迫る正論眩しすぎ 北田のりこ
    眩しさに妬心を隠すサングラス 塚越孝一
    眩しいと言えぬ隣の白い壁 たごまる子
   *忖度の後光眩しいお役人 葱坊主
    看護師の白衣眩しい退院日 芦田敬子
    夜更かしが朝日に叩き起こされる 佐藤千四
    まっさらな教科書眩しページ繰る じんじん
    苦心作色紙眩しい展示台 賢石
    ハイビーム合図をしてもハイビーム 加藤当白
   *デートして眩しく見えた時もある 佐藤彰宏
    光背は弥陀のオーラを補強する アズスン安須
    夢を持つ妻が眩しい定年後 船岡五郎
    逆光に判別できるシルエット 坂本加代
    バスは行く眩しいものを捨てて行く 尾崎良仁
    ちょいワルができぬ経歴まぶし過ぎ 丸山 進
    眩しさにああ手遅れと知る蚯蚓 木村行吉
    目に眩し白いウエアーコート跳ね 安井紀代子
    目立たないように眩しい人の横 よーこ
    朝日浴び睨みつけてる鬼瓦 月日備人
    傷心に眩しく染みる里訛り 和井戸翔
   *がんばった汗が答えるインタビュー 陽香
    ライバルにばかり当たっているライト 吉崎柳歩
    オーイとんぼよ眩しくないか複眼で アゲハ
    眩しけりゃ勝手に閉じている瞼 ようこ
    逆光の中であなたと巡りあう 笹田しま
    手鏡を惚れ惚れ覗くナルシスト 颯爽
    ジャズライブ耳に眩しいサキソフォン 安藤なみ
秀3*足留めが続いた山小舎の朝日 吉崎柳歩
秀2*眩しいと役に立たない信号機 森清泰範
秀1  免許証かえした空の乱反射 笹田しま

評     ただ目に眩しいだけじゃなく、いろんな思いの入った眩しさをこの句から

      感 じました。 乱反射がいいですね。
     逆光のせいよ あなたのことじゃない         青砥たかこ
 

               
 
 

 

どなたでも投句できます(一人2句まで)
警告
名前を変えて3句以上投句された方は全句無効にします

今月のお題 締切りました
西山竹里・青砥たかこ 共選
選者には作者名は伏せてあります(順不同)

締切り:令和元年7月15日
                午後8時厳守(以後無効)
発  表:令和元年7月20日 

川柳では「分かち書き」はしません
意図的に「切れ」を入れる場合は別ですが、川柳では17音を「空き」を入れずに表記します。
投句される場合も5・7・5毎に空白を入れず、下記のように詰めて書いて下さい。

<分かち書き>  恋人の 膝は檸檬の まるさかな 
<正しい表記>    恋人の膝は檸檬のまるさかな
   
 

                                        ネット句会に投句され、ご希望の方には「川柳すずか」見本誌を差し上げます。
                     ホームページの
「ご意見、ご感想」欄から、ご住所記載のうえ、『見本誌希望』
                    と記入の上、お申し込みください。
                    最新号が切れている場合は少しお待ちいただくことがあります。
     

 


こちらから投句してください。(一人2句まで有効)

 

 
一句 :
二句 :

雅名を入力してください

雅名・HN可(必須)
電子メールアドレス(必須)