表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
バックナンバー
03年6月「弱い」
03年5月「オフ」
03年4月「動く」
03年3月「学校」
03年2月「ゼリー」

03年1月「許す」
02年12月「波」
02年11月「齧る」

02年10月「乱」
02年9月「米(こめ)」
02年8月「カード」
02年7月「拾う」

02年6月「写真」
02年5月「休む」

02年4月「痛い」
02年3月「春」
02年2月「のんびり」
02年1月「重ねる・重なる」
01年12月「畑」
01年11月「包む」   
01年10月「指
01年9月「ヒント
01年8月「膨らむ」
01年7月「キープ」
01年6月「眩しい」
01年5月「縛る」
31年4月「ぎくしゃく」
31年3月「しつこい」
31年2月「話」
31年1月「粘る」
30年12月「締まる・締める」
30年11月「パワハラ」
30年10月「吹く」
30年9月「覗く」
30年8月「夏休み」
30年7月「試合」
30年6月「響」
30年5月「五分五分」
30年4月「夢」
30年3月「荒れる」
30年2月「飛行機」
30年1月「名人」
29年12月「まじめ」
29年11月「みかん」
29年10月「読む」
29年9月「豆腐」
29年8月「壁」
29年7月「焼く・焼ける」
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「魔」応募 296 150人





































 


真島久美子 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句 
 
    破局したらしいよ魔女と閻魔さま 尾崎良仁
   *魔がさしてお手とお座りしてしまう 冬子
    眠る子を起こしたくなる静かな夜 由宇
   *門札は見たことがない伏魔殿 山崎三毛
   *補聴器で悪魔の声を聞き分ける 陽香
    革命の魔女が隠した母子手帳 てつろう
    札束が邪魔で天使に戻れない 虹色くじら
    魔鏡なのか私老婆になっている アゲハ
    キャリア不足まだ入れない伏魔殿 ようこ
    小悪魔が思わせぶりにボクを見る 瀬田明子
   *袖の下届いてますね閻魔さま 柳谷益弘
    どうしよう美魔女だなどと呼ばれたら 大島ともこ
    壊れかけの魔女はわたしと相似形 小谷 小雪
    80歳職業は魔女家族なし こみち
    時として思考回路に魔女が棲む 水谷裕子
   *七月の魔女は箒で庭を掃く 十音
    わたくしの深いところに棲む魔性 吉崎柳歩
    魔がさしたところに金の楔打つ よーこ
    付き合ってみれば可愛い魔女だった よしひさ
    *労いのように睡魔がやってくる 平井美智子
    睡魔から逃げる深夜のパンプキン 竹尾佳代子
   *六十の祝いに欲しい魔女の杖 西岡ゆかり
    魔の微笑ウラで言質を取っている 加藤 当白
    魔界への扉をちょっと押しただけ 石森あやみ
    魔が差したように漂う草いきれ 柴田比呂志
    ビビディ・バビディ・ブー十歳若くしておくれ 東川和子
    魔が差したようです糸切れのパール 永見 心咲
   *洗濯に出した魔法のカーペット 安藤なみ
    窓口に立つと悪魔が顔を出す 山田明
    ふふふふと魔女が嗤えば満月に てつろう
    魔法から醒めたくなくて迷子札 村田博
   *悪魔払いして退屈な人になる 平尾定昭
    魔がさした方に転がる水蜜桃 虹色くじら
   *純粋な人だ魔法がかからない 佐藤ちなみ
    あまりいない魔法使いのおじいさん 西山竹里
   *納豆を奥の方から取る美魔女 森下博史
秀3  夕立の途切れる先に魔女の家 笹田 しま
秀2  二波三波四波五波そのあと魔界 斉尾くにこ
秀1  この世から消える魔法の修行中 岡本恵

評      生きとし生けるもの全てがこの法から逃れることはできない。その魔法を恐れるどこ
       ろか受け入れようとする覚悟が伝わる。私もアナタも、魔法使いになって消えていく。
     胸底にサンスクリット語のページ            真島久美子

 

 









































 

吉崎柳歩 選(入選39句)

 

    *七月の魔女は箒で庭を掃く 十音
    コロナ禍の逢魔時に慣れた街 清水克俊
    断れぬ 逢魔が時のプロポーズ 汐海 岬
    プロポーズ薔薇の魔力に負けました 伶音
    信じてるうちの魔除けの鬼瓦 裕子
    神棚の魔除けにもある価格表 福村 まこと
   *労いのように睡魔がやってくる 平井美智子
    正面の席にも容赦なく睡魔 安藤なみ
    小悪魔と呼ばれて今は布袋さま まみどり
    美魔女には遠いわたしの皮下脂肪 こやまひろこ
    ゴムスカート美魔女が遠くなってゆく 城崎れい
    制服を小悪魔にする夜の街 人見五郎
    改ざんは無いと信じる閻魔帳 芦田敬子
    魔が差しただけでは済まぬスキャンダル ねこママ
    「やればできる」今日も魔法をかけられる 山口悦子
    事故防止魔除けに残す外れくじ 伶音
    手鍋提げ私の魔女がやって来る 光畑勝弘
    教え魔にスマホデビューが囲まれる 星野睦悟朗
   *補聴器で悪魔の声を聞き分ける 陽香
    睡魔には逆らわないと決めている 青砥たかこ
    良心を悪魔ときどきそそのかす 大澤 葵
    なによりの魔除け家族の笑い声 加藤 当白
    灰汁のない老女に化ける魔女修行 宮井いずみ
   *六十の祝いに欲しい魔女の杖 西岡ゆかり
    コロナ禍の五輪を決めた伏魔殿 玉木りょうこ
    魔女からの一撃不意に食らう腰 瀬田明子
    認知症増えて閻魔の嘆き節 山田明
    転ばない魔法を知っているわたし こみち
   *悪魔払いして退屈な人になる 平尾定昭
    恋を知りマナーモードの魔女になる 福村 まこと
    念願の魔法使いになれました 上田ひとみ
   *門札は見たことがない伏魔殿 山崎三毛
    魔が差して正気に戻る留置場 竹中正幸
   *袖の下届いてますね閻魔さま 柳谷益弘
   *洗濯に出した魔法のカーペット 安藤なみ
    通り魔にあう確率と宝くじ 宮井いずみ
秀3*納豆を奥の方から取る美魔女 森下博史
秀2*純粋な人だ魔法がかからない 佐藤ちなみ
秀1*魔がさしてお手とお座りしてしまう 冬子

評      魔が差して、とは「そんなつもりはまったくなかったのに」ということだろう。相手は人
   事部長か美魔女の類だったのだろう。「お手」だけならともかく「お座り」までするなんて。   

      モンスターよりは扱いやすい魔女         吉崎柳歩

           
               
 
 

 

どなたでも投句できます(一人2句まで)
警告
名前を変えて3句以上投句された方は全句無効にします

今月のお題 「透明
真島久美子・吉崎柳歩 共選
選者には作者名は伏せてあります(順不同)

締切り:令和3年8月15日
                午後8時厳守(以後無効)
発  表:令和3年8月20日 

川柳では「分かち書き」はしません
意図的に「切れ」を入れる場合は別ですが、川柳では17音を「空き」を入れずに表記します。
投句される場合も5・7・5毎に空白を入れず、下記のように詰めて書いて下さい。

<分かち書き>  恋人の 膝は檸檬の まるさかな 
<正しい表記>    恋人の膝は檸檬のまるさかな
   
 

                                        ネット句会に投句され、ご希望の方には「川柳すずか」見本誌を差し上げます。
                     ホームページの
「ご意見、ご感想」欄から、ご住所記載のうえ、『見本誌希望』
                    と記入の上、お申し込みください。
                    最新号が切れている場合は少しお待ちいただくことがあります。
     

 


こちらから投句してください。(一人2句まで有効)

 

 
一句 :
二句 :

雅名を入力してください

雅名・HN可(必須)
電子メールアドレス(必須)