表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
バックナンバー
02年10月「乱」
02年9月「米(こめ)」
02年8月「カード」
02年7月「拾う」

02年6月「写真」
02年5月「休む」

02年4月「痛い」
02年3月「春」
02年2月「のんびり」
02年1月「重ねる・重なる」
01年12月「畑」
01年11月「包む」   
01年10月「指
01年9月「ヒント
01年8月「膨らむ」
01年7月「キープ」
01年6月「眩しい」
01年5月「縛る」
31年4月「ぎくしゃく」
31年3月「しつこい」
31年2月「話」
31年1月「粘る」
30年12月「締まる・締める」
30年11月「パワハラ」
30年10月「吹く」
30年9月「覗く」
30年8月「夏休み」
30年7月「試合」
30年6月「響」
30年5月「五分五分」
30年4月「夢」
30年3月「荒れる」
30年2月「飛行機」
30年1月「名人」
29年12月「まじめ」
29年11月「みかん」
29年10月「読む」
29年9月「豆腐」
29年8月「壁」
29年7月「焼く・焼ける」
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

23年12月「強い」
23年11月「盗む」

23年10月「風」
23年9月「酒」
23年8月「電気」

23年7月「薄い」
23年6月「道」
23年5月「干す」
23年4月「欲」
23年3月「祈る」
23年2月「敵」
23年1月「どきどき」

22年12月「不便」
22年11月「探す」
22年10月「うんざり」
22年9月「帽子」
22年8月「切る」
22年7月「苦手」
22年6月「ガラクタ」
22年5月「弱い」
22年4月「桜 」
22年3月「待つ 」

22年2月「丁寧 」
22年1月「限界 」
 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「 かじる(齧る)」応募 307句 156人





































 


石橋芳山 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句 
 
   *入会費払ってちょっとだけ囓る こみち
   *丸かじりしていたころは尖ってた 宮尾柳泉
    囓るほど味がでてくるソクラテス 安藤なみ
    恋人とかじってみたら毒リンゴ 神田鈴佳
   *オゾンホールに氷山をかじられる 橋倉久美子
    安酒に前頭葉が齧られる 宙広
   *齧られてしまう地球の皮下脂肪 斉尾くにこ
   *入門書ばかり並んでいる書棚 甲斐良一
    歯形から月を齧ったのはキリン 柴田比呂志
    堅焼きを齧れば響く頭蓋骨 かりんとう
    未達成のまま天かすだけ囓る 柾木郷志
    わたくしのどこ齧ってもいろはのい 森田旅人
    囓られたリンゴは謎解きのヒント 青砥和子
    セーターの真ん中なぜか齧られる 城崎れい
    仏教を齧ったことがある鼠 おさ虫
    雷は鬼が氷を齧る音 圦山 繁
    歯型だけつけて終わった趣味ばかり 汐海 岬
   *毒見だが死なぬ程度にかじっとく 糀谷和郎
    誘惑の虫に魂かじられる 野平光太郎
    夜明け前月を齧って鳴くカラス 内田政竜
    後悔も嫉妬も込みでげそ囓る 福島亮也
    連休のビルはどこかを囓られる 安藤なみ
    青林檎かじった頃は戻らない 寺井一也
    私の野性なだめるスペアリブ 橋倉久美子
    噛んでも噛んでもレプリカの恋ばかり 笹田しま
    ファスナーにかじりつかれた肥満体  風間なごみ
    じわじわとコロナが噛る人類史 すずき 善作
    始まりはジェリーの齧るチーズから 森田旅人
    聞きかじり時々入る武勇伝 荘子 隆
    存在を軽くかじってゆく噂 城崎れい
    聞きかじりコメンテーターよく喋る ムギ
   *さようなら齧ったままのトルストイ 東川和子
   *バイオリン齧りましたに憧れる かりんとう
    特大のりんごをかじり恋の幕 汐海 岬
    悔しいを齧る 小骨が歯に残る 平井美智子
    スパシーバ齧った語学試す旅 わこう
秀3  齧る音八分音符が通過する 東川和子
秀2  そんなとこ齧らんといて感じちゃう 藤井康信
秀1  総武線かじれば歯槽膿漏に 尾崎良仁

評      総武線は通勤時間帯の混雑は並大抵の混雑ではないようで、通勤者はグッと歯を
      食いしばってこの混雑に耐えていることだろう。歯槽膿漏に発展するのか・・・大変です。

      ブラックホール齧って入り口をふさぐ           海賊芳山 
 

 









































 

橋倉久美子 選(入選39句)

 

    GOTO イート噂話を囓るだけ 清水克俊
    十八歳親かじりつつ選挙権 かきくけ子
    好物はケンタッキーと親の脛 山崎三毛
    就職をしてもちょっとはすねかじる 清流
    パワーショベルが齧る動物たちの森 吉崎柳歩
    齧るように造られてない金メダル 田岡修二
    言い返すことも出来ずにかじる飴 冬子
    聞きかじり人に伝えた無責任 大澤 葵
   *齧られてしまう地球の皮下脂肪 斉尾くにこ
    ちょっと齧って所有権主張する 北田のりこ
    丸かじり出来ずりんごに笑われる 竹内妙子
    かじる時ちょっと不安になる差し歯 あやめみのり
   *毒見だが死なぬ程度にかじっとく 糀谷和郎
   *入門書ばかり並んでいる書棚 甲斐良一
   *入会費払ってちょっとだけ囓る こみち
    新しい知識をかじる総入れ歯 甲斐良一
    押し入れに齧った趣味が褪せている 福村まこと
    エイゴエイゴ早くかじれと文科省 山口悦子
    かじってはみたがのみこめない英語 澁谷さくら
    ひとかじりして蘊蓄が止まらない 大島ともこ
    孫にまで脛をかじらす長寿国 満月庵
    かじられてうれしそうにも見える脛 澁谷さくら
    齧られることにも慣れてきたメダル 木村行吉
    そのホッペちょっとかじっていいですか 麦乃
    パンの耳齧りブランド買い漁る こやまひろこ
    騒動の元は噂の聞きかじり ドア宝
    とりあえずネットでかじる流行語 すずき 善作
    血はないか見てる林檎の丸かじり 羽馬愚朗
    哲学を齧り人生論を解く 真田義子
    哲学を齧り屁理屈多くなり 内田政竜
   *さようなら齧ったままのトルストイ 東川和子
   *バイオリン齧りましたに憧れる かりんとう
    二三回かじると飽きる英会話 西山竹里
    本当に三日でやめた英会話 上田ひとみ
    人間をまだひとかじりしたところ 岡本恵
    鉛筆を齧ると教室の匂い よーこ
秀3*丸かじりしていたころは尖ってた 宮尾柳泉
秀2  渋柿の渋さかじってみてわかる 戴 けいこ
秀1  銀メダル囓ると少し苦い味 竹中正幸

評      そういえば、銀メダルをかじる姿はあまり見ない。銀メダルは負けてもらうものだ
       という句があったが、かじったら悲喜の混じった複雑な味がするのだろう。
  *オゾンホールに氷山をかじられる        橋倉久美子

           
               
 
 

 

どなたでも投句できます(一人2句まで)
警告
名前を変えて3句以上投句された方は全句無効にします

今月のお題 「波
石橋芳山・橋倉久美子 共選
選者には作者名は伏せてあります(順不同)

締切り:令和2年12月15日
                午後8時厳守(以後無効)
発  表:令和2年12月20日 

川柳では「分かち書き」はしません
意図的に「切れ」を入れる場合は別ですが、川柳では17音を「空き」を入れずに表記します。
投句される場合も5・7・5毎に空白を入れず、下記のように詰めて書いて下さい。

<分かち書き>  恋人の 膝は檸檬の まるさかな 
<正しい表記>    恋人の膝は檸檬のまるさかな
   
 

                                        ネット句会に投句され、ご希望の方には「川柳すずか」見本誌を差し上げます。
                     ホームページの
「ご意見、ご感想」欄から、ご住所記載のうえ、『見本誌希望』
                    と記入の上、お申し込みください。
                    最新号が切れている場合は少しお待ちいただくことがあります。
     

 


こちらから投句してください。(一人2句まで有効)

 

 
一句 :
二句 :

雅名を入力してください

雅名・HN可(必須)
電子メールアドレス(必須)