表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
バックナンバー
29年9月「豆腐」
29年8月「壁」
29年7月「焼く・焼ける」
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

23年12月「強い」
23年11月「盗む」

23年10月「風」
23年9月「酒」
23年8月「電気」

23年7月「薄い」
23年6月「道」
23年5月「干す」
23年4月「欲」
23年3月「祈る」
23年2月「敵」
23年1月「どきどき」

22年12月「不便」
22年11月「探す」
22年10月「うんざり」
22年9月「帽子」
22年8月「切る」
22年7月「苦手」
22年6月「ガラクタ」
22年5月「弱い」
22年4月「桜 」
22年3月「待つ 」

22年2月「丁寧 」
22年1月「限界 」
 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「読む」応募 323句 164人





































 


森山文切 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句

              *今月も5キロも読んだ新聞紙                          平尾定昭
        *誰にでも読める名前で親しまれ                       じんじん
        *入院に溜まった本を持っていく                       正道
          抱きしめて丁寧に読む子のこころ                   桐壺
          深読みをすると羊が増えてくる                       東川和子
          二度三度読んでなおさら意味不明                  浮世っ子
          筋書きを読んだらつまらないドラマ                  田岡修二
         *読み違えしたまま進むミステリー                     澁谷さくら
         *故障して初めて読んだ説明書                        裕子
         *拾い読みされてポイ捨てされた恋                   藤澤霧堂
           間違えずお経を読んだことがない                   辻内次根
         *古新聞読み返してる休刊日                           瀬田明子
           爪の色読み悪口を少なめに                          小谷小雪
         *患者には読めない文字の診断書                    芦田敬子
           三通りにキラキラネーム読めました                 中川喜代子
           メモ書きのくせ字が読めずうろたえる               青砥和子
           何倍に大きくしても読めない字                        西山竹里
           約款がメガネ変えても読めません                   堀 敏雄
           裏の裏読んであなたを見失う                         青砥たかこ
         *記憶にはマンガの方の資本論                       甲斐良一
           先の先読んだあなたは歩のまんま                  かおる
           マニュアルも読まずに起動させる恋                 汐海 岬
           青春の栞が本に残ってた                              はぐれ雲
         *書道展読める読めぬで盛り上がる                  橋倉久美子
         *現世ならスマホ中毒金次郎                           三浦芳子
           左遷され夕日の丘で読む聖書                       柴田比呂志
         *難解な文字は迷わず読み飛ばす                   森清泰範
           風を読み一気に飛んで切れた凧                    小林祥司
           耳遠くなって相手の眉間読む                         つねを
         *読まれたい気持ちさらさらない草書                 圦山 繁
         *よく読むと効かない例も書いてある                 徳重美恵子
           書いてない日は泥酔と読む日記                     星野睦悟朗
           いつか読む本で遮る隙間風                          福村まこと
           読んでねと村上春樹落ちてきた                     稲垣康江
           経を読む青年僧のリズム感                          やひろ
         *悪友の中の一人が読む弔辞                         吉崎柳歩
      秀3   回し読みしても減らないページ数                    加藤当白
      秀2   図書館の読み放題は太らない                       田地尚子
      秀1*週刊誌読むと血液ドロドロに                          丸山 進
      評   ドロドロした内容ばかりで嫌になりますが、まずは自分がサラサラに
         なりましょう。
      軸     かみさんに読まされている哲学書                   森山文切
             

 









































 


橋倉久美子 選(入選3
9句)

     
           深読みをされて恐縮してる駄句           颯爽
          票読みのプロ無党派に泣かされる         竹中正幸
          ルビ振られキラキラネームやっと読め       人見五郎
          場の空気読んで泣きやむ三歳児          おさ虫
         *難解な文字は迷わず読み飛ばす          森清泰範
          何回読んでも理解不能な君の文           岡嶋義幸
          裏の裏読んでジョーカー引かされる          吉一
         *現世ならスマホ中毒金次郎              三浦芳子
          憲法を自分勝手に読みたがり              ブランクながい
        *古新聞読み返してる休刊日             瀬田明子
          深読みをしすぎて先へ進めない            まみどり
        *読み違えしたまま進むミステリー           澁谷さくら
          読めるのに書けない文字をめくる辞書       ようこ
          泣くときは邪魔字幕には要る眼鏡          北田のりこ
          本紙よりチラシのほうを先に読む           柳谷益弘
        *今月も5キロも読んだ新聞紙              平尾定昭
          お茶漬けのように漫画も読んでいる        かおる
          AIも読めない君の胸の内               ブランクながい
        *故障して初めて読んだ説明書            裕子
          読み返すことない本にうずもれる          福多郎
        *よく読むと効かない例も書いてある          徳重美恵子
          いつか読むつもりで買ってある源氏        西山竹里
        *記憶にはマンガの方の資本論            甲斐良一
         *悪友の中の一人が読む弔辞            吉崎柳歩
         ふりがながなければ読めぬ園児の名        まりえ
          読む時間ないが買いたい本の虫          満月庵
         *誰にでも読める名前で親しまれ            じんじん
          ちらちらとカンペ読んでるのが判る          吉崎柳歩
        *週刊誌読むと血液ドロドロに              丸山 進
         *拾い読みされてポイ捨てされた恋          藤澤霧堂
          書斎では決して読まぬマンガ本           柴田比呂志
           新聞は家で週刊誌は外で               安藤なみ
          こんな筋だったかなあと読む二度目         甲斐良一
          いいことがあるとか経を読んでみる         佐藤千四
          ミスってもバレる恐れのない読経          加藤当白
          北国の訛も入れて読む賢治             芦田敬子
     秀3*読まれたい気持ちさらさらない草書          圦山 繁
     秀2*患者には読めない文字の診断書           芦田敬子
     秀1*入院に溜まった本を持っていく                 正道
           評     溜まった本を持っていくぐらいだから、それほど心配ではない入院で
                 ある。 意外だが納得させられる見つけ。
 

      *書道展読める読めぬで盛り上がる                   橋倉久美子
    

               
 
 

 

どなたでも投句できます(一人2句まで)

今月のお題 「みかん
森山文切・橋倉久美子 共選
選者には作者名は伏せてあります(順不同)

締切り:平成29年11月15日
                午後8時厳守(以後無効)
発  表:平成29年11月20日 

川柳では「分かち書き」はしません
意図的に「切れ」を入れる場合は別ですが、川柳では17音を「空き」を入れずに表記します。
投句される場合も5・7・5毎に空白を入れず、下記のように詰めて書いて下さい。

<分かち書き>  恋人の 膝は檸檬の まるさかな 
<正しい表記>    恋人の膝は檸檬のまるさかな
   
 

                                        ネット句会に投句され、ご希望の方には「川柳すずか」見本誌を差し上げます。
                     ホームページの
「ご意見、ご感想」欄から、ご住所記載のうえ、『見本誌希望』
                    と記入の上、お申し込みください。
                    最新号が切れている場合は少しお待ちいただくことがあります。
     

 


こちらから投句してください。(一人2句まで有効)

 

 
一句 :
二句 :

雅名を入力してください

雅名・HN可(必須)
電子メール アドレス