日川協加盟
三重県川柳連盟加盟
鈴鹿市芸術文化協会加盟
 414385+
 
 フォトギャラリー

橋倉久美子川柳集
 「だから素顔で」

頒布価格 1200円
       (送料含む)

盛会御礼 第1 6回 鈴鹿市民川柳大会 
アトラクション「合唱」混声合唱団コーロ・Gui  様
平成30年6月24日(日) 
会場:東樽鈴鹿店  当日参加 120名

 
秀句賞一覧
事前 拝  む 橋倉久美子 選  神様にマイナンバーを先ず告げる 安藤 なみ
      拝み疲れた喪服がそっとたたまれる 坂倉 広美
席題 大人(共選)

小林 祥司 選

くすぐりをやめて少女が脱皮する 田沢 恒坊
      大人びた青いレモンのひとり言  木本 朱夏
   大人(共選)

浜野みさえ 選

ガンダムもウルトラマンもやめられぬ 藤田 武人
      大人びた青いレモンのひとり言  木本 朱夏
席題   絞る(共選)

田沢 恒坊 選

ウエストを絞る服とは縁を切る 金子美千代
      雑巾を絞りきれいにするこの世 柴田比呂志
   絞る(共選)

水野奈江子 選

メインディッシュはにわとりに絞ります 西澤 知子
      絞り上げられたか影のないおとこ 前田須美代
宿題  人  格

吉崎 柳歩 選

人格を学び続けている天狗 水野奈江子
      割り込みをしてはならない人格者 西山 竹里
     自由吟A 木本 朱夏 選 仕返しは真っ赤な靴でやって来た 栃尾 奏子
    薔薇咲いて散って夢だと気付かない 真島久美子
     自由吟B 天根 夢草 選 先取点が欲しい打順の両チーム 加藤吉一
    エレベーターふわりと息をして止まる 田沢 恒坊
 

  光太夫賞(最優秀句賞) エレベーターふわりと息をして止まる 田沢 恒坊
 

 

お泊まりは自由枕はありません(勝田五百子)      おじいさんの学歴もいる身上書(坂倉広美)
リンク
㈳全日本川柳協会
川柳展望
川柳文学コロキュウム
川柳塔沖縄準備室
東葛川柳会
新 葉 館
みえ文化祭川柳大会
 みえ文化祭名句鑑賞
伊勢から川柳を吠えた男〜
矢須岡 信(青砥たかこ)
柳歩の名句鑑賞
柳歩の川柳の作り方
NHK津放送局NHK
鈴鹿市観光協会

 

鈴鹿川柳会の沿革
 かって鈴鹿市には 、昭和27年に、寺尾新児、吉田不老子、藤田閑生氏等により設立された「麦飯川柳会」がありました。大阪の「川柳天守閣」などとの交歓句会、鈴鹿市民文化祭川柳大会の開催など、活発に活動されていましたが、曲折を経て昭和44年休会となりました。

 昭和61年、新万寿郎、林善寿、浅井美津子等による川柳結成句会が持たれ、(会長)新万寿郎、(顧問)林善寿、(客員)伊藤竜子により「鈴鹿川柳会」が発足しました。同時に機関誌「川柳すずか」が隔月発行されました。平成元年「第1回鈴鹿亀山合同句会」が荒神山にて開催され、以後、亀山川柳会と交互に主催し、毎年開催されてきました。平成7年1月、会長を浅井美津子に交代、(顧問)伊藤竜子、会誌編集、同人。平成12年12月、伊藤竜子死去。

 平成14年2月、会長を青砥たかこに交代。(会長補佐)吉崎柳歩、会誌編集、両名にて毎月発行、現在に至る。

 平成15年6月29日第1回鈴鹿市民川柳大会を開催、県内外より141名が参加。
              選者、中田たつお、矢須岡信、木野由紀子氏他。  
              最優秀賞  橋本征一路氏 。  会場:江島カルチャーセンター

 平成16年6月27日第2回大会開催、125名参加。選者、杉森節子、浅利猪一郎、水谷一舟氏他。
               最優秀賞  森中恵美子氏。 会場:江島カルチャーセンター

 平成17年6月26日第3回大会開催、126名参加。選者、天根夢草、浅野滋子、加藤友三郎氏他。
               最優秀賞  橋本征一路氏。  会場:江島カルチャーセンター

 平成18年1月より、鈴鹿川柳会ホームページ開設。

 平成18年6月25日第4回大会開催。鈴鹿川柳会創立20周年 、青砥たかこ句集「マチエール」発刊記念大会を兼
                             ねる。 129名参加。選者、森中恵美子、鈴木如仙、赤松ますみ氏他。
                             最優秀賞  大嶋都嗣子氏   準優秀賞  吉崎柳歩氏。 会場:ホテルグリーンパーク鈴鹿

 平成19年6月24日第5回大会開催、122名参加。選者、大嶋都嗣子、岩田明子、阪本高士氏他。
              最優秀賞  橋本征一路氏   準優秀賞  森中恵美子氏。 会場:ホテルグリーンパーク鈴鹿

  平成20年6月29日第6回大会開催、116名参加。選者、天根夢草、宮村典子、中野要氏他。
              最優秀賞  植野美津江氏、橋倉久美子氏。  会場:鈴鹿サーキット

 
平成21年6月28日第7回大会開催、135名参加。選者 新家完司、植野美津江、木野由紀子氏他。
              最優秀賞 阪本高士氏、準優秀賞 橋本征一路氏。 会場:ロワレ21鈴鹿

  平成22年6月27日第8回大会開催、127名参加。選者 日野 愿、板野美子、橋本征一路氏他。
              最優秀賞 橋倉久美子氏、準優秀賞 山本 宏氏。 会場:東樽 鈴鹿店

  平成23年6月26日第9回大会開催。吉崎柳歩川柳集『瓶の蓋』発刊記念大会を兼ねる。130名参加。
              選者 三村 舞、中 博司、宮村典子氏他。
              最優秀賞 橋本征一路氏、準優秀賞 三村 舞氏。 会場:東樽 鈴鹿店

  平成24年6月24日第10回大会開催、139名参加。選者 天根夢草、岩田明子、浅利猪一郎氏他。
              最優秀賞 吉崎柳歩氏、準優秀賞 橋本征一路氏。 会場:東樽 鈴鹿店

  平成25年6月23日第11回大会開催。橋倉久美子句集『だから素顔で』発刊記念大会を兼ねる。 143名参加。
              選者 新家完司、荒川八洲雄、橋本征一路氏他。
             (二次選者)森中恵美子、阪本高士、加藤友三郎、樋口 仁各氏及び、橋倉久美子(当会)   
              光太夫賞(最優秀句賞) たむらあきこ氏(和歌山) 会場:東樽 鈴鹿店

  平成26年6月22日第12回大会開催、133名参加。選者 阪本高士、武山 博、鍋島香雪、宮村典子氏他。
             (二次選者)森中恵美子、天根夢草、丸山 進、鈴木順子、橋本征一路、各氏   
              光太夫賞(最優秀句賞) 北田のりこ氏(津) 会場:東樽 鈴鹿店
 
  平成27年6月28日第13回大会開催、124名参加。選者 瀬霜石、三村 舞、橋本征一路、柴田比呂志氏他。
             (二次選者)天根夢草、新家完司、岩田明子、濱山哲也、宮村典子各氏   
              光太夫賞(最優秀句賞) 瀬霜石氏(弘前) 会場:東樽 鈴鹿店

  平成28年6月18日第14回大会開催。鈴鹿川柳会創立30周年記念。125名参加。選者 橋本征一路、 丸山 進
             森中恵美子、天根夢草氏他。     
             (二次選者)大野たけお、 岩田明子、三村 舞、猫田千恵子、阪本高士各氏   
              光太夫賞(最優秀句賞) 日野 愿氏(阪南) 会場:東樽 鈴鹿店

  平成29年6月25日第15回大会開催。140名参加。選者 丹川 修、猫田千恵子、井上一筒、 真島久美子氏他。
             (二次選者)天根夢草、木本朱夏、菱木 誠、水野奈江子、宮村典子各氏   
              光太夫賞(最優秀句賞) 宮村典子氏(亀山) 会場:東樽 鈴鹿店

  平成30年6月24日第16回大会開催。120名参加。選者 田沢恒坊、水野奈江子、木本朱夏、天根夢草氏他。
             (二次選者)坂倉広美、阪本きりり、柴田比呂志、鈴木順子、日野 愿各氏   
              光太夫賞(最優秀句賞) 田沢恒坊氏(青森) 会場:東樽 鈴鹿店
 


鈴鹿川柳会のふるさと

大黒屋光太夫の記念館と17名の乗組員を乗せて神昌丸が出帆した伊勢白子の港  川柳の成り立ち
 

          

 


 

  

   
   

管理室