日川協加盟
三重県川柳連盟加盟
鈴鹿市芸術文化協会加盟
 
 
 フォトギャラリー

橋倉久美子川柳集
 「だから素顔で」

頒布価格 1200円
       (送料含む)

盛会御礼 第1 5回 鈴鹿市民川柳大会 
講演:『 川柳いろいろ』 丸山 進様
平成29年6月25日(日) 
会場:東樽鈴鹿店  当日参加 140名

 
秀句賞一覧
事前 戻す・戻る 吉崎 柳歩 選  白紙には戻せぬけれど仲直り 日野   愿
      吐いた息また吸い戻す深呼吸 北原 おさ虫
席題

丹川  修 選

使い切り芯からゴミになった筒 橋倉久美子
      気持ちだと封筒ひとつ握らせる 菱木   誠
宿題   憎い(共選)

真島久美子 選

在る時は父を憎んで鬼薊 木本 朱夏
      真っ白な桃を憎んだことがある たむらあきこ
宿題   憎い(共選)

高柳  閑雲 選

確執を重ね怒濤の季は巡る 梶    泰栄
      憎しみを濾過する一滴の涙 宮村 典子
宿題   苦手(共選)

猫田千恵子 選

大空をまだ見られない逆上り 丸山 健三
      苦手だな僕のコピーのような人 吉道航太郎
宿題  苦手(共選)

石崎 金矢 選

自分より出来る子先生は苦手 北原おさ虫
      美女は苦手あなたぐらいが丁度いい 鈴木 章照
   自由吟A 井上 一筒 選 大衆の涙ラーメン屋で乾く 植野美津江
    特別サービス通天閣がついている 西澤 知子
   自由吟B 青砥たかこ 選 モネの絵を見ると涼しくなれる夏 天根 夢草
    一万円札忍ばせていい小銭入れ 梶井 良治
 

光太夫賞(最優秀句賞) 憎しみを濾過する一滴の涙 宮村 典子
 
 

 

疲れたら猫をもふもふしに行こう(樋口りゑ)      どうしても跨ぎたくなる竹箒(青砥英規)
リンク
㈳全日本川柳協会
川柳展望
川柳文学コロキュウム
川柳塔沖縄準備室
東葛川柳会
新 葉 館
三重県民文化祭案内
文化祭川柳大会案内
 みえ文化祭名句?鑑賞
伊勢から川柳を吠えた男〜
矢須岡 信(青砥たかこ)
柳歩の名句鑑賞
柳歩の川柳の作り方
NHK津放送局NHK
鈴鹿市観光協会

 

鈴鹿川柳会の沿革
 かって鈴鹿市には 、昭和27年に、寺尾新児、吉田不老子、藤田閑生氏等により設立された「麦飯川柳会」がありました。大阪の「川柳天守閣」などとの交歓句会、鈴鹿市民文化祭川柳大会の開催など、活発に活動されていましたが、曲折を経て昭和44年休会となりました。

 昭和61年、新万寿郎、林善寿、浅井美津子等による川柳結成句会が持たれ、(会長)新万寿郎、(顧問)林善寿、(客員)伊藤竜子により「鈴鹿川柳会」が発足しました。同時に機関誌「川柳すずか」が隔月発行されました。平成元年「第1回鈴鹿亀山合同句会」が荒神山にて開催され、以後、亀山川柳会と交互に主催し、毎年開催されてきました。平成7年1月、会長を浅井美津子に交代、(顧問)伊藤竜子、会誌編集、同人。平成12年12月、伊藤竜子死去。

 平成14年2月、会長を青砥たかこに交代。(会長補佐)吉崎柳歩、会誌編集、両名にて毎月発行、現在に至る。

 平成15年6月29日第1回鈴鹿市民川柳大会を開催、県内外より141名が参加。
              選者、中田たつお、矢須岡信、木野由紀子氏他。  
              最優秀賞  橋本征一路氏 。

 平成16年6月27日第2回大会開催、125名参加。選者、杉森節子、浅利猪一郎、水谷一舟氏他。
               最優秀賞  森中恵美子氏。

 平成17年6月26日第3回大会開催、126名参加。選者、天根夢草、浅野滋子、加藤友三郎氏他。
               最優秀賞  橋本征一路氏。

 平成18年1月より、鈴鹿川柳会ホームページ開設。

 平成18年6月25日第4回大会開催。鈴鹿川柳会創立20周年 、青砥たかこ句集「マチエール」発刊記念大会を兼
                             ねる。 129名参加。選者、森中恵美子、鈴木如仙、赤松ますみ氏他。
                             最優秀賞  大嶋都嗣子氏   準優秀賞  吉崎柳歩氏。 

 平成19年6月24日第5回大会開催、122名参加。選者、大嶋都嗣子、岩田明子、阪本高士氏他。
              最優秀賞  橋本征一路氏   準優秀賞  森中恵美子氏。

  平成20年6月29日第6回大会開催、116名参加。選者、天根夢草、宮村典子、中野要氏他。
              最優秀賞  植野美津江氏、橋倉久美子氏。

  平成21年6月28日第7回大会開催、135名参加。選者 新家完司、植野美津江、木野由紀子氏他。
              最優秀賞 阪本高士氏、準優秀賞 橋本征一路氏。

  平成22年6月27日第8回大会開催、127名参加。選者 日野 愿、板野美子、橋本征一路氏他。
              最優秀賞 橋倉久美子氏、準優秀賞 山本 宏氏。

  平成23年6月26日第9回大会開催。吉崎柳歩川柳集『瓶の蓋』発刊記念大会を兼ねる。130名参加。
              選者 三村 舞、中 博司、宮村典子氏他。
              最優秀賞 橋本征一路氏、準優秀賞 三村 舞氏。

  平成24年6月24日第10回大会開催、139名参加。選者 天根夢草、岩田明子、浅利猪一郎氏他。
              最優秀賞 吉崎柳歩氏、準優秀賞 橋本征一路氏。

  平成25年6月23日第11回大会開催。橋倉久美子句集『だから素顔で』発刊記念大会を兼ねる。 143名参加。
              選者 新家完司、荒川八洲雄、橋本征一路氏他。
             (二次選者)森中恵美子、阪本高士、加藤友三郎、樋口 仁各氏及び、橋倉久美子(当会)   
              光太夫賞(最優秀句賞) たむらあきこ氏(和歌山)

  平成26年6月22日第12回大会開催、133名参加。選者 阪本高士、武山 博、鍋島香雪、宮村典子氏他。
             (二次選者)森中恵美子、天根夢草、丸山 進、鈴木順子、橋本征一路、各氏   
              光太夫賞(最優秀句賞) 北田のりこ氏(津)
 
  平成27年6月28日第13回大会開催、124名参加。選者 瀬霜石、三村 舞、橋本征一路、柴田比呂志氏他。
             (二次選者)天根夢草、新家完司、岩田明子、濱山哲也、宮村典子各氏   
              光太夫賞(最優秀句賞) 瀬霜石氏(弘前)

平成28年6月18日第14回大会開催。鈴鹿川柳会創立30周年記念。125名参加。選者 橋本征一路、 丸山 進
             森中恵美子、天根夢草氏他。     
             (二次選者)大野たけお、 岩田明子、三村 舞、猫田千恵子、阪本高士各氏   
              光太夫賞(最優秀句賞) 日野 愿氏(阪南)
平成29年6月25日第15回大会開催。140名参加。選者 丹川 修、猫田千恵子、井上一筒、 真島久美子氏他。
             (二次選者)天根夢草、木本朱夏、菱木 誠、水野奈江子、宮村典子各氏   
              光太夫賞(最優秀句賞) 宮村典子氏(亀山)


鈴鹿川柳会のふるさと

大黒屋光太夫の記念館と17名の乗組員を乗せて神昌丸が出帆した伊勢白子の港  川柳の成り立ち
 

          

 


 

  

   
   

管理室