表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
バックナンバー
01年11月「包む」
01年10月「指

01年9月「ヒント
01年8月「膨らむ」
01年7月「キープ」
01年6月「眩しい」
01年5月「縛る」
31年4月「ぎくしゃく」
31年3月「しつこい」
31年2月「話」
31年1月「粘る」
30年12月「締まる・締める」
30年11月「パワハラ」
30年10月「吹く」
30年9月「覗く」
30年8月「夏休み」
30年7月「試合」
30年6月「響」
30年5月「五分五分」
30年4月「夢」
30年3月「荒れる」
30年2月「飛行機」
30年1月「名人」
29年12月「まじめ」
29年11月「みかん」
29年10月「読む」
29年9月「豆腐」
29年8月「壁」
29年7月「焼く・焼ける」
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

23年12月「強い」
23年11月「盗む」

23年10月「風」
23年9月「酒」
23年8月「電気」

23年7月「薄い」
23年6月「道」
23年5月「干す」
23年4月「欲」
23年3月「祈る」
23年2月「敵」
23年1月「どきどき」

22年12月「不便」
22年11月「探す」
22年10月「うんざり」
22年9月「帽子」
22年8月「切る」
22年7月「苦手」
22年6月「ガラクタ」
22年5月「弱い」
22年4月「桜 」
22年3月「待つ 」

22年2月「丁寧 」
22年1月「限界 」
 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「応募 269句 137人





































 


西山竹里 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句 
 
    あいにくの雨が農家を喜ばせ 前原こきん
    僻村の畑違いも診るお医者 通せん坊
    サトウキビ畑の戦忘れない 徳重美恵子
   *ソーラーのパネルが覆う畑の跡 颯爽
    代々の田畑が荒れて泣く案山子 竹内光人
    跡継げぬ田畑に侘びを入れている 津島のとし君
    雑草の隣の畑悩ましい はぐれ雲
   *台風に避難しようのない畑 笹田しま
    遺跡出た畑畑で居られない ホッと射て
    畑だと主張するため桑植える 月日備人
   *肥料に入れた野菜クズからカボチャの実 北田のりこ
    お隣と出来を競ってナスキュウリ すずき善作
    三坪でも私が支配する畑 ようこ
   *定年後借りた畑が社交の場 青砥たかこ
    イノシシが家庭菜園まで荒らす 小林祥司
    絵手紙は畑とあるがプランター 伊田網人
    芋ほりの幼児は畑で格闘す つれづれ
    芋畑にひびく園児のはしゃぐ声 よしひさ
    荒らしてはならぬと励む畑仕事 モモコ
    荒れ地にはさせぬ私が継ぐ畑 清水克俊
   *こぼれ種育ってやる気もどす畑 竹内美千代
    ちゃんとした人だとわかる畝の列 やっこ
    手を掛けた畑に正直な答え 小谷小雪
    味見する虫が保証の無農薬 宮尾柳泉
    買う方がきっとお安い自家野菜 岡本恵
    直売所畑の元気買いに行く 瀬田明子
    退院の父から届く自家野菜 たごまる子
    母さんの快気を願う花畑 かきくけ子
    野菜の花の可愛らしさを知る畑 北田のりこ
    小さい畑に小さいおばあさん 尾崎良仁
    Uターン畑仕事にもう悲鳴 竹中正幸
   *菜の花畑この世の春のうつくしさ 澁谷さくら
    葱坊主だけが残っている畑 吉崎柳歩
   *ベランダの畑で朝を摘んでくる すずき善作
    お隣の畑の出来をチラ見する 平子久仁子
    五坪借り農家の真似をする畑 片山かずお
秀3  台風禍リンゴ畑にある無念 木村行吉
秀2*いい種を蒔かれワクワクする畑 平尾定昭
秀1*雑草で緊張感のない畑 平尾定昭

評      ち主がしっかり見てやらないと、畑はどんどんだらけていく。「緊張感のない」が
      実にぴったり。

      ほんとうの土の匂いがする畑                 西山竹里   

 

 









































 

青砥たかこ 選(入選39句)
 

    手をかけた人を畑は忘れない 船岡五郎
    冬枯れの畑からいびき心地よい 浮世っ子
    麦畑踏まれた頃は青かった ふじたかし
    お持たせは畑の野菜レシピ付き 古都
    改革へ畑違いが荒療治 竹中正幸
    段々畑めく客船の灯り 白鳥象堂
    プランターにない醍醐味を知る畑 笹田しま
    嫁に行く畑のわが子道の駅 大澤 葵
    大臣も畑違いの土いじり 沢田正司
   *菜の花畑この世の春のうつくしさ 澁谷さくら
   *いい種を蒔かれワクワクする畑 平尾定昭
    畑野菜べっぴんさんですぐ売れる モモコ
   *肥料に入れた野菜クズからカボチャの実 北田のりこ
    根性を植えた畑に花が咲く 柾木郷志
   *台風に避難しようのない畑 笹田しま
    草刈り機飛んでびっくりした畑 裕子
    段畑も観光用に耕され 人見五郎
   *ソーラーのパネルが覆う畑の跡 颯爽
    芋畑園児の瞳お星さま アカエタカ
    過保護でも放置されても畑荒れ 澁谷さくら
    猫の額ほどの畑が宝物 大島ともこ
    日当たりが良くて誇らしげな畑 西山竹里
    大根と葱が冬眠する畑 安藤なみ
    道路開通裏の畑が表向く 森清泰範
    本職の野菜畑は行儀良い わこう
    豊作の畑見つめる無人駅 汐海 岬
    畑付きアパートがある町はずれ BBブンゴ
    畑の道案山子が歩く過疎の村 あかね雲
    二日酔い庭の畑で目が覚める 玉木りょうこ
    青虫もモグラもやってくる畑 橋倉久美子
    冠水の畑を癒す藁布団 福村まこと
   *こぼれ種育ってやる気もどす畑 竹内美千代
   *ベランダの畑で朝を摘んでくる すずき善作
    逆らって畑違いへ飛ばされた はぐれ雲
    田んぼより畑のほうがバラエティ 柳谷益弘
    じいちゃんと畑で集めたダンゴ虫 裕子
秀3*雑草で緊張感のない畑 平尾定昭
秀2  屋上の菜園大空に近い 徳重美恵子
秀1  畑仕事のための筋トレジム通い こみち

評     健康のための畑仕事へまず体を鍛えるとしたところにこの句の面白さを感じた。
   *定年後借りた畑が社交の場                     青砥たかこ